作者


西平あかね

内容紹介


おばけ家族は、日曜日にみんなでクモの巣とりに出かけました。

たくさんとれたので、お母さんは子どもたちに、おばあちゃんの家にクモの巣を少し持っていくように頼みました。

おばけの姉弟、さくぴーとたろぽうは、二人だけで、おばあちゃんの家に届けにいきます。

大人気のおばけの「さくぴーとたろぽうのおはなし」シリーズの2作目、待望のハードカバー化!

担当編集者 より


1作目の『おばけかぞくのいちにち』(こどものとも傑作集)は、人間とおばけの暮らしを対比させて描いていましたが、どう見ても、おばけの暮らしのほうが楽しそうでした。

2作目からは、おばけの暮らしに焦点を絞り、おばけ家族の親族関係、友だち関係、隣人の暮らしまで、どんどん明らかになっていきます。

このシリーズの人気の秘密はなんといっても、おばけたちの楽しそうな暮らしそのものでしょう。

人間とは違うけれども、とても似ていて、その細部がとても楽しいのです。

子どもたちに「おばけの時間だよ」といっても、さくぴーたちに会いたいと言い出す子どもたちが増えてしまいそうですね。

親子でじっくり楽しんでいただきたいです。

※「こどものとも年中向き」2005年7月号として刊行した作品です。

作者情報


西平あかね(にしひらあかね)


1968年、東京都生まれ。作品に『おばけかぞくのいちにち』『おばけのおつかい』『おばけのコックさん』『おばけのたんけん』『おばけのえんそく』などの「さくぴーとたろぽうのおはなし」シリーズ、『おさらのこども』(「こどものとも年少版」、以上福音館書店)『ぶんかいきょうだい』(アリス館)『おはいんなさい』『かたつむりぼうやとかめばあちゃん』(大日本図書)、絵の仕事に『はりねずみのぼうやのおはなし』(小風さち作/「こどものとも」)がある。長崎県在住。

書誌情報


読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:28ページ
サイズ:19×26cm
初版年月日:2005年07月01日(こどものとも年中向き)
通巻:-