作者


岸田衿子 作/中谷千代

内容紹介


動物園に朝が来ました。

かばの親子のところに、かめくんを連れた男の子がやってきます。

「おきてくれかばくん」。

水からあがったがかばくんが姿を現すと、動物園に来ていた子どもたちはびっくり。

やがてご飯の時間、かばくんはキャベツをまるごと一口でぱくり。

食べた後はごろんところがっておやすみなさい……。

シンプルで詩的な文章と、ゆったりとした油絵が、大きくてユーモラスなかばの姿を生き生きと描きます。

作者情報


岸田衿子(きしだえりこ)


1929年-2011年。東京生まれ。詩人。詩集に『ソナチネの木』(青土社)『たいせつな一日』(理論社)など、絵本に『かばくん』『きょうのおべんとうなんだろな』『木いちごつみ』『ぐぎがさんとふへほさん』『おいしいもの つくろう』(以上、福音館書店)、『どうぶつはいくあそび』(のら書店)など多数ある。

中谷千代子(なかたにちよこ)


1930~1981。東京に生まれた。東京芸術大学美術学部卒業。1963年、絵本の研究のために渡欧。絵本に『かばくん』『かばくんのふね』『くいしんぼうのはなこさん』『いちごばたけのちいさなおばあさん』『ジオジオのかんむり』(以上福音館書店)、『ちいさいモモちゃん』(講談社)、『スガンさんのやぎ』(偕成社)などがある。

書誌情報


読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:28ページ
サイズ:19×26cm
初版年月日:1962年09月01日(こどものとも)
通巻:-