作者


小森厚 文/薮内正幸

内容紹介


動物の母親は、どうやって自分の子どもを運んでゆくのでしょうか。

子どもたちが好きな13種類の動物の母親が、子を連れ歩く様子をリアルに描いています。

口にくわえて運ぶお母さん、おなかにしがみつかせて運ぶお母さん、おぶって運ぶお母さんなど、動物によって千差万別です。

どのお母さんたちからも、子を想う深い愛情が読者に伝わるように繊細に描かれていて、お母さんと子どもたちの絆がうかがえます。

作者情報


小森厚(こもりあつし)


上野動物園で長年動物の飼育に携わる。戦後初めて来日したアジアゾウ「はな子」の飼育などで知られる。上野動物園飼育課長、日本動物園水族館協会専務理事を務めた。動物にまつわる著書多数。文章を手がけた絵本に『どうぶつのこどもたち』『どうぶつえんのどうぶつあんない』『けもの』などがある。2002年、没。

薮内正幸(やぶうちまさゆき)


1940年大阪府生まれ。幼少の頃から動物に親しみ、動物のイラストレーターとして図鑑、百科事典、絵本、童話などを幅広く手がけた。主な著書に『冒険者たち』(岩波書店)、『野や山にすむ動物たち』『海にすむ動物たち』(以上、岩崎書店)、『野鳥の図鑑』『どうぶつのおやこ』(以上、福音館書店)など。2000年、没。

書誌情報


読んであげるなら:2才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:24ページ
サイズ:21×20cm
初版年月日:1977年12月01日(こどものとも年少版)
通巻:−