作者


谷川俊太郎 作/和田誠

内容紹介


日曜日の朝、何もすることがなかったので、ひろしは穴を掘り始めます。

途中、おかあさんやいもうとのゆきこ、となりのしゅうじくんやおとうさんがやってきて、いろいろなことを言います。

でも、ひろしはただ穴を掘り続けます。

穴の中に座り込むと、静かで、土はいいにおいがしました。

ひろしは思います。「これはぼくのあなだ」。

穴から見上げる空はいつもよりもっと青く、高く思えました。そして、穴から出たひろしは……。


作者情報


谷川俊太郎(たにかわしゅんたろう)


1931年、東京都生まれ。『谷川俊太郎詩集』『定義』(ともに思潮社)、『散文』(晶文社)など著書多数。子どもの本の仕事も『あな』『いろ いきてる!』『わたし』『ことばあそびうた』『みみをすます』『おーい ぽぽんた』(以上福音館書店)など多数ある。東京都在住。

和田誠(わだまこと)


1936年、大阪生まれ。多摩美術大学卒業。グラフィックデザイナー、イラストレーター。本の装丁、ポスター、似顔絵などの仕事のほかに、絵本、エッセイ集など著書多数。著書に『ピープル』(美術出版社)『お楽しみはこれからだ』『表紙はうたう』(ともに文藝春秋)、絵本に『あな』(福音館書店)『ことばのこばこ』(瑞雲舎)『ワッハワッハハイのぼうけん』(新風舎)などがある。

書誌情報


読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:32ページ
サイズ:26×19cm
初版年月日:1975年07月01日(こどものとも)
通巻:-