作者


笠野裕一

内容紹介


おひさまぽかぽか暖かい日。

おばあちゃんは、縁側に布団を干しました。

そこへ猫がやってきて、「ふわーっ」と大きなあくびをひとつ。

猫はごろん! とふかふか布団に寝ころがりました。

つられておばあちゃんも「ふわーっ」と大きなあくびをすると、布団にごろん! 一緒にうとうと寝てしまいました。

そこへ、にわとりの親子がやってきて、布団にごろん! 

男の子、犬、やぎ、ぶたの親子と、次々動物たちがやってきて、みんなでごろん! ごろん!

 みんな、ふかふか布団の上で、ぐっすりお昼寝です……。

「うううーん」。おばあちゃんが大きなのびをしました。すると、動物たちはさっと退散、お昼寝はおしまいです。

おばあちゃんは、そんなにたくさんの動物たちと一緒に寝たなんて、つゆほども知らず、昼寝を終えました。

昼寝が大好きと言う著者が描いた、愉快で気持ちのいい絵本です。

作者情報


笠野裕一(かさのゆういち)


1956年、宮崎県に生まれる。1980年、東京農業大学を卒業。小さい頃から絵を描くのが好きで、絵本も好きだった。学生時代に、旅行先のボストン美術館で、ビアトリクス・ポターの『ピーター・ラビットの絵本』の原画やスケッチに出会い、その自然描写の美しさと正確さに魅せられ、絵本制作に取り組むようになった。絵本に『じてんしゃにのって』『うみべのいちにち』(以上、「こどものとも」)『ただいまー』(「こどものとも年少版」)『ゆびあそび』『ぼくんちのゴリ』『みんなで おちゃづくり』(以上、「かがくのとも」・すべて福音館書店)がある。宮崎県都城市在住。

書誌情報


読んであげるなら:2才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:24ページ
サイズ:21×20cm
初版年月日:2000年5月1日(こどものとも年少版)
通巻:−