作者


松居直 再話/赤羽末吉

内容紹介


何度橋をかけてもたちまち流されてしまう川に、橋をかけるよう村人に依頼された大工が、川岸で思案していると、鬼が現れて、目玉とひきかえに橋をかけてやるといいます。

いいかげんな返事をしていると、2日後にはもうりっぱな橋ができあがっており、鬼は目玉をよこせとせまります。

「おれのなまえをあてればゆるしてやってもええぞ」と鬼がいうので、大工は……。日本の昔話の絵本。


作者情報


松居直(まついただし)


1926年、京都府生まれ。同志社大学を卒業後、出版に従事。絵本に『ももたろう』『ぴかくんめをまわす』(ともに福音館書店)など、著書に『絵本とは何か』『絵本を読む』(ともにエディタースクール出版)など多数。東京都在住。

赤羽末吉(あかばすえきち)


1910~1990。東京都生まれ。1980年、国際アンデルセン賞画家賞。主な絵本に『ももたろう』『かさじぞう』『スーホの白い馬』『おおきなおおきなおいも』など、さし絵に『日本の昔話(全5巻)』(以上、福音館書店)など多数。

書誌情報


読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:28ページ
サイズ:26×19cm
初版年月日:1962年6月01日(こどものとも)
通巻:-