作者


わたなべしげお 文/おおともやすお

内容紹介


「おはなさん こんにちは」「すずめさん こんにちは」。

くまくんは、みちで出会ったお友だちに、丁寧にあいさつをしながら歩いていきます。猫さんにも、犬さんにも、牛乳屋さんや、郵便屋さんにも、ごあいさつ。

そんなくまくんを、みんなが優しく見守ります。さあ、くまくんが最後に出会ったのは……?

ときにちょっぴり照れながら声をかけるくまくんの様子や、それを見守る大人たちの柔らかな表情に、心がほっこり温まります。

作者情報


渡辺茂男(わたなべしげお)


1928~2006。静岡県に生まれる。慶応義塾大学卒業。アメリカのウェスタンリザ―ブ大学大学院をおえ、ニューヨーク公共図書館児童部に勤務後、慶応義塾大学文学部図書館学科教授を経て、フリーとなりこどもの本の仕事に専念する。創作には、童話『もりのへなそうる』、絵本『とらっくとらっくとらっく』『くるまはいくつ』(以上、福音館害店)など。主な訳書には、評論『児童文学論』(岩波書店、共訳)、絵本『かもさんおとおり』『どろんこハリー』、童話『エルマーのぼうけん』 (以上、福音館書店)、『山の上の火』『小さな勇士のものがたり』(岩波書店)など多数ある。

大友康夫(おおともやすお)


1946年、埼玉県生まれ。我が子に触発され絵本を描き始める。作品に、最初に描いた『あらいぐまとねずみたち』、『どうすればいいのかな?』をはじめとする「くまくんの絵本」シリーズ(渡辺茂男/文)『ざりがにのおうさま まっかちん』『ぼくのママは うんてんし』『ハワイ島のボンダンス』(いわね あい/文)『いちばんでんしゃの しゃしょうさん』(たけむら せんじ/文・すべて福音館書店)『ごろべえ もののけのくにへいく』(童心社)など多数。

書誌情報


読んであげるなら:2才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:24ページ
サイズ:21×20cm
初版年月日:1979年6月1日(こどものとも年少版)
通巻:−