作者


筒井頼子 作/林明子

内容紹介


お母さんの留守に妹のあやちゃんと家の前で遊んでいたあさえは、あやちゃんを喜ばせようと夢中で道に絵を描いていました。

ところが顔をあげると、いつのまにか、あやちゃんがいなくなっています。

あさえは妹をさがして、どきどきしながら、いつもお母さんといく公園に向かって走りました。

小さな子どもの心の動きを、文と絵が一体となって緊迫感をもって描きだします。

作者情報


筒井頼子(つついよりこ)


筒井頼子1945年、東京に生まれる。広告会社などに勤務。絵本に、『はじめてのおつかい』『あさえとちいさいいもうと』『おでかけのまえに』『とん ことり』、童話に、『ひさしの村』『いく子の町』『雨はこびの来る沼』(以上、福音館書店刊)などがある。宮城県在住。

林明子(はやしあきこ)


1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術科卒業。絵本に『こんとあき』『はじめてのおつかい』『おでかけのまえに』『でてこい でてこい』『きょうはなんのひ?』『おふろだいすき』『はっぱのおうち』『ぼくのぱん わたしのぱん』「くつくつあるけのほん」全4冊(以上、福音館書店)などがある。長野県在住。

書誌情報


読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:32ページ
サイズ:26×19cm
初版年月日:1979年5月1日(こどものとも)
通巻:-