作者


方軼羣 作/君島久子 訳/村山知義

内容紹介


食べものがない寒い冬のことです。

お腹がすいたうさぎが、かぶをふたつ見つけました。

ひとつだけ食べて、もうひとつを同じようにお腹をすかせているろばに届けますが、ろばは留守でした。

うさぎはろばの家にかぶをおいていきます。

家に帰ってきたろばは、かぶにびっくりします。

ちょうどさつまいもを手にいれたばかりだったろばは、かぶを今度は山羊に届けます。

思いやりの心をのせたかぶが、動物たちのもとをめぐる「ぐるぐる話」。

作者情報


方軼羣(ふぁんいーちゅん)


1914~2007。中華人民共和国江蘇省蘇州生まれ。上海民立中学(日本における高等学校)卒業。少年児童出版社第二編集室副主任を務めた。

君島久子(きみしまひさこ)


栃木県生まれ。国立民族学博物館名誉教授。中国民族学、文学を専攻。著訳書に『たなばた』『ほしになったりゅうのきば』『西遊記』(以上、福音館書店)など多数。

村山知義(むらやまともよし)


1901~1977。東京都生まれ。東京大学を中退、ドイツに遊学。帰国後、ドイツ表現主義美術運動を日本に紹介。劇作演出に活躍。絵本に『おなかのかわ』(福音館書店)などがある。

書誌情報


読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:―
定価:440円(税込)
ページ数:32ページ
サイズ:26×19cm
初版年月日:1965年4月1日(こどものとも)
通巻:-